SHIMOJO DENTAL CLINIC

地下鉄浄心駅より徒歩8分!名古屋市西区 一般歯科 訪問歯科 下條歯科医院

052-531-1768

〒451-0066 愛知県名古屋市西区児玉1丁目18-19

一般歯科診療

一般歯科・小児歯科

一般診療について

下條歯科医院ではご来院される患者様の不安を解消し、安心して治療を受けていただくため、スタッフ一同、患者様への気配りと笑顔での対応を心がけております。

治療について患者様とのコミュニケーションを大切にしています。基本的な虫歯治療から、歯周病に関するご相談など様々なケースに対応可能ですので、一度ご来院ください。

虫歯

虫歯

「虫歯は治りません」
意外に思われるかもしれませんが、これが真実です。

私たちが切り傷をした場合、数日で治りますね。
組織が再生することを「治る」というのです。虫歯は削り取って代替物を入れますよね。

これは「機能を修復した」にすぎません。
一度虫歯になった物は決して再生されませんから、治らないのです。
虫歯を治療するということは、実はこういうことだということをよく理解して覚えておいてください。

歯の一番表面にはエナメル質という水晶ぐらい硬い組織が、口の中では外に触れる部分を覆っています。これは発生からいうと髪の毛や爪と同じ組織から発生しています。だから、爪や歯の表面をこすっても痛くないでしょう。ところが、エナメル質の下の象牙質と一般の人が「神経」といっている歯髄は、同じものから発生しているのです。ですので、象牙質と歯髄はなんらかの共通点があると思わなければなりません。虫歯もエナメル質の範囲で修復すれば、後遺症は残りません。

でも虫歯が象牙質に及び歯髄に近くなるほど修復しても、しみるなどなんらかの後遺症が残ってしまいます。
これは「神経を取る」などしなければ、治ることはありません。(少しはあります)

下條歯科医院では、このような観点から虫歯の定期検診を行っています。
4ヶ月ならエナメル質を超えるような虫歯はできないでしょう。
これも虫歯の菌に対する免疫能力には違いがあって、定期検診の間隔はばらばらです。
毎回すべてをするわけではなく、検査の結果に基づいて必要な処置をいたします。

小児診療について

歯科治療に対する恐怖感を与えないよう、歯磨きなどの簡単な処置よりはじめ、歯科治療に慣れてもらいます。
おさえつけたりするようなことはせず、自ら治療を受けられるよう指導いたします。

プラーク(歯垢)の染め出しチェック

プラークコントロール

歯の表面につく、ヌルヌルとした歯垢(プラーク)、この歯垢にはたくさんの細菌が潜んでいて、虫歯や歯周病の最大の原因です。

虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが不可欠です。(これをプラークコントロールといいます)。
歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しい歯磨きをしないと、毎日磨いていてもプラーク(歯垢)を完全に除去することはできません。

プラークコントロール

きちんと磨けているかチェックしよう!

プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。まず、正しいブラッシングができているのかどうかを確認しなければなりません。

そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、歯磨きの癖(くせ)がわかります。ぜひ試してみてください。

染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので、飲み込んでも体に害はありません。

きちんと磨けているかチェックしよう!
  • ・まず、染め出し剤を歯のすみずみまで塗ります。
  • ・その後2~3回うがいをして余分な染め出し液を洗い流します。
  • ・赤く残ったところがプラーク(歯垢)が着いているところです。
  • ・赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシングしましょう。ブラッシングした後、もう一度染め出しで確認いたします。
  • ・染め出しの結果を元に、患者様一人ひとりに合ったブラッシングの方法を指導いたします。

無痛治療

麻酔による無痛治療

注射麻酔は痛みを感じなくさせるもっとも有効な方法です。注射麻酔の針を刺す前に「塗る麻酔」を使い、痛みを軽減。 麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激をなくします。